迅速で柔軟な対応が経済活性化の鍵

最近気になったニュースは、東芝の半導体事業部門を他者に売り出すという話です。私が子供の頃サザンさんを観ている時、スポンサーが東芝で子供ながらに東芝は大企業なんだなと思っていました。今でも間違いなく大企業だとは思うのですが、経営状態はかなり危機的状態にあると思います。そんな中で東芝は半導体部門の事業を売り出すと公表した所、政府が半導体は他国に渡ると軍事転用できる可能性があり、場合によっては警告、罰則を考えている。という発表をしました。そのニュースを見た時に、日本の政治の弱いというか硬いという所を感じました。確かに東芝の半導体事業は、世界的にみてもトップクラスで中国の企業に渡れば、軍事転用などの大きな危険性はあると思います。だからといって東芝は再建に向けてあの手この手を考えに考えぬいて、半導体事業を売却すると決めているのでそれを一概に、政府が反対をするのは厳しいと思います。だからこそこのような時こそ、公的資金を導入して助けるべきだと思います。しかし、そのような話や動きが全く無いとの事で、日本の政治の弱さと対応への硬さを感じました。その辺の柔軟かつ迅速な対応が経済を活性化する鍵なのではとも思いました。三井住友銀行カードローン 審査