家計簿をつけることが節約につながります

私は家計を預かっている専業主婦で、私が夫の給料をそのまま受け取って、そこから夫にお小遣いを渡して管理をするという方法をとっています。
先日他のママ達と集まって話をしていてびっくりしたのが、夫に家計を任せているという人も少しいたことと、自分が家計を預かっているという場合でも家計簿をつけている人がいなかったことです。

家計簿をつけていくら入ってきていて、いくら支出している、月々赤字になったか、黒字になったか把握をするということは節約をする上ではとても大事です。
自分ではそれほど無駄遣いをしていないと感じていても、あくまでもそれは感覚なので数字できっちりと示さないと本当のことはわかりません。

私は家計簿を結婚して以降ずっとつけていますし、レシートをある程度貯めておき、ノートに買った物の日付、内容、分類、値段を書き込み月末に集計しています。
そうすることで月々どこが抑えられてもっと節約できるかというポイントが見えてくるのです。

家計簿をつけずにいる人は、そういったお金の流れをしっかりと把握できておらず、何となくで生活をしているので結果的に節約につながらないということが多いと思います。消費者金融アロー審査
節約をする上では家計簿をつけるということが何よりも大事だと思うのです。

一年の終わりには貯金がどれだけ増えたのかも収支をつけるようにしていて、ノートには情報がいっぱい詰まっています。
一年にどれだけ貯めるかということも計画していますし、それが達成できたかどうかも振り返っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です