経営破綻のてるみくらぶ 3年前から粉飾決算

てるみくらぶが経営破たんしたために多くの利用者が海外でお金を払ったのにホテルに泊まれない、帰りの航空チケットがない。という状況に陥っています。会社的には利用者を救済する方法がないのはまだ理解できますが、3年前から粉飾決算を実際に行っていたのであれば、それは利用者を裏切るあってはならない行為でしょう。自転車操業的な経営になっていたのかもしれませんが、それはビジネスの世界ではよくあることなのかもしれません。しかし、粉飾決算を行っていたのであれば利用者を騙し嘘をついてまで自分の会社を守っていたことになります。そこまでしていながら、最後経営破たんし利用者に損害を与えた行為は許されないと強く感じます。私自身、10年近く前に初めての海外へのツアー旅行で利用したことがあります。その時は、海外旅行に行ったこともほとんどなかったので格安旅行社を重宝しました。今では、海外在住でツアー旅行社を使うことはほとんどありません。しかし、もし自分が初めての海外へのツアー旅行で同じ状況になったらと思うとゾッとします。ですから、政府もただ破産宣告を受け入れるだけではなく、きっちりと経営破綻の陥った経緯や再発防止のために取り調べを行い情報を開示してほしいと希望します。消費者金融審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です