「森友学園」への国有地売却問題にとらわれすぎでは?

 いま、国の政治のニュースといえば学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、政治家の関与があったのか、なかったのか、国会で議論がなされています。証人喚問もされました。しかしこの問題ばかりにとらわれて、他の大事な内容の議論が疎かになっているのでは?と不安です。マスコミもこのニュースばかり報道しているように感じてしまいます。
 新聞を読まない私はニュースはテレビかネットでしか見ませんが、政治のニュースのほとんどが森友学園で、他に何が国会で決まったのか、何を国会で議論しているのか分かりにくいです。
 もうすこし、このような政治と金のような問題は別の所で議論できないのでしょうか?与党と野党がお互いの挙げ足とりをしているだけのように見えて無駄な時間に感じてしまいます。雇用や少子化対策、医療、外交、防衛などもっと大事なことをじっくり話し合って決めてほしいです。総量規制対象外 カードローン 審査
 また、分かりやすいように発信する人がいたらいいのにと思います。国会の放送を見ても、だらだら長く、分かりにくいことが多いのであまり見たいと思えません。かといってニュースは「森友学園」ばかりだし、辟易とします。こんなことばかりしているから政治と国民の意識がずれたり、国民の政治への興味が薄れてしまうのではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です